So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

J2 第31節 V.S横浜FC [JEF UTD.]

苦手のアウェイとはいえ、もはや負けられない戦いが続くジェフ。

今回はホームでは4-0で一蹴している横浜FC。

(J2 第31節 )
ネット
伊藤
倉田深井
山口  佐藤勇
アレックス鎌田
青木良  茶野
岡本

横浜FC 1-0 ジェフ千葉
[得点]
41分 西田剛(横浜FC) 

立ち上がりから主導権は横浜FCに奪われる。
シーズン前半はそういった相手のほうが組みやすい展開でしたが、チームの調子が上がらないいまでは、攻撃もままならない展開になる。
とくに中盤のつなぎに問題があり、勇人はパスミスを連発。
サイドを崩すこともできず、ネットのポストプレーも精度を欠く。
ここまでネガティブな要素が出てきてしまうと試合のリズムをつかむもなにもなく、短調で個人の突破に頼った攻撃になる。
横浜FCはホベルトの加入と八角の復帰からチームの安定感が増した印象があり、そんなチームを容易に攻略できるはずもなく、逆に前半41分に失点。
左サイドを抜け出した難波が切り替えして右足でクロスを上げると、勢い良く飛び込んできた西田がヘッドで合わせられる。

後半開始から伊藤に変えて谷澤を投入し、75分には倉田→青木孝、鎌田→太田とカードを切る。
ポゼッションが上がり、攻撃の時間は増えるも、ゴール前をきっちりと閉められゴールを割ることはできずに、逆にカウンターでピンチを迎える場面もあり、痛すぎる敗戦を喫することとなった。

またしてもアウェイで失態を演じてしまった格好となったが、いっこうにアウェイでの戦いに改善の見られないのはいかがなものかと。
とくにいまは追いかける立場なので勝って明日試合の福岡にプレッシャーを与えて行かなければならないのにこれでは・・・

とにかくもう勝つしかない状況。
がむしゃらに走り切るしかないんだがね・・・

UEFA チャンピオンズリーグ 第2節 バレンシア vs マンチェスター・ユナイテッド [MANCHESTER UTD.]

(CL 第2節)
ソルダード
ドミンゲス
マタパブロ
A・コスタ  アルベルダ
マテューミゲウ
D・ナバーロ  マドゥーロ
セサール


マンチェスター・ユナイテッド
(CL 第2節)
ベルバトフ
パク・チソンナニ
アンデルソン  フレッチャー
キャリック
エブララファエウ
ヴィディッチ  ファーディナンド
ファン・デルサル


バレンシア 0-1 マンチェスター・ユナイテッド

85分 エルナンデス

前節のCL開幕戦でケガをし長期離脱となってしまったため、バレンシアでバレンシア相手に戦うバレンシアは見れなくなってしまった一戦。
ユナイテッドはギグス、スコールズ、ルーニーが欠場。
CLではお馴染みの4-1-4-1でスタート。
いっぽうのバレンシアもホアキンやらバネガやらが欠場。
両チームのそういったメンツが影響したのか、内容に乏しい試合となりました。

ユナイテッドはとにかく攻撃がナニの突破が主。
一度だけベルバトフが持ち込んでシュートに行くシーンがありましたが・・・

病み上がりのアンデルソンとキャリックはまだ本調子ではないのが明らかで、その二人に引きづられるようにフレッチャーもこの試合は低調な出来。
ベルバトフも前線での起点にはなっていたけど、周りのフォローがあまりにも悪くノーゴール。

試合を決めたのは若手の二人。
マケダが投入直後にバイタルエリア右でボールを受けると、横パス。
このパスに縦への突破とシュートを警戒していたバレンシアのセンターバック二人は一瞬逆をつかれ、その二人のあいだにいたチチャリートが狭いスペースながら、完璧なトラップから左足を振り抜きゴール!
もちろんCL初ゴールでユナイテッドに久々にスペインの地での勝利をもたらしました。
マケダとエルナンデスはほんとになにかもってる印象がある。

内容の低調さは、もともとスロースターターなチームなのであまり気にはなりませんが、バレンシア(アントニオのほうね)のケガでウイングの層と質が問題になってきているのかなと思う。ギグスも週に2試合はもう厳しいだろうし。
オベルタンはこのチャンスを生かせるのだろうか・・・あ、ベベもいるのか・・・

UEFA チャンピオンズリーグ 第2節 チェルシー vs マルセイユ [OM]

(CL 第2節)
アネルカ
マルダカクタ
ジルコフエッシェン
ミケル
A・コールイバノビッチ
テリー  アレックス
チェフ


(CL 第2節)
ジニャク
ブランドンレミ
シェイルルイス・ゴンサレス
シセ
エインセカボレ
エムビア  ディアワラ
マンダンダ


チェルシー 2-0 マルセイユ

7分 テリー
28分 アネルカ(PK)


英仏のチャンピオン対決となった試合
今年こそGLを突破したいOMが、グループ最大の強敵のアウェイに乗り込んでの一戦でしたが、左サイドバックにはタイウォではなくエインセだったりと、デシャンは消極的な采配。

正直、勝ち点1を持って帰る算段だったんでしょうが、前半7分にいきなり崩れます。
CKからニアでテリーが脚でコースを変え、これがゴール。
チェルシー相手にいきなりのビハインド
さらに28分にはエムビアのハンドでPKをとられて追加点を奪われ、前半で試合は決まってしまいまいた。

はっきりいってチェルシーの出来もそんなによくなかった。
ドログハとランパード不在が大きく、攻撃に迫力はなし!

ただ、OMの攻撃も同様に迫力はなし。個人、組織ともにまったくおはなしになりませんでした。

リーグ1では復調してきていただけに、期待していたんですが・・・

FIFA ワールドカップ2010 決勝トーナメント1回戦 スペイン vs ポルトガル [その他サッカー]

(FIFA WC2010 決勝T1回戦)
トーレス
ビジャイニエスタ
シャビ
シャビ・アロンソブスケッツ
カプデビラS・ラモス
プジョル ピケ
カシージャス

(FIFA WC2010 決勝T1回戦)
アウメイダ
C・ロナウドシモン
メイレレスチアゴ
ペペ
コエントランコスタ
B・アウベス カルバリョ
エドゥアルド


優秀なボールテクニックをもつ選手たちが揃うイベリア半島ダービーは最少得点差ながら、スペインの完勝だった。

試合を支配しながらも、ポルトガル守備陣を崩せないスペインは調子の上がらないフェルナンド・トーレスに変えて、長身のジョレンテを投入。
これがポルトガルの守備陣の目先を変えることに成功したのか、よりいっそう攻撃の圧力が上がる。
するとバイタルエリアでの細かいパス交換から抜け出したビジャが、一度はGKに当てながらも、自ら押し込みゴール!
あとはスペインが試合を支配しつづける。

こういった展開になるとスペインには勝つのはかなり難しいかと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FIFA ワールドカップ2010 決勝トーナメント1回戦 パラグアイ vs 日本 [サッカー日本代表]

パラグアイ (FIFA WC2010 決勝T1回戦) のフォーメーション
日本 (FIFA WC2010 決勝T1回戦) のフォーメーション
created by TextFormations :M :R


当初の期待が薄かっただけに、イタリアフランスも到達できなかったベスト16にこれたことには満足しています。

しかし、やはり最後まで世界に対して有効な攻撃を見出すことはできなかった。
結局、岡ちゃんのもとで行われたことって、無駄な攻撃パターンの試行であり、最後の最後に守備を立て直しただけで、そういった意味では98年のころとは世界との距離はあまり縮まっていないと感じる試合だった。

もちろん大会前の状態からここまで、立て直して、僕たちに少しでも夢をみさてくれた岡ちゃんの手腕はさすがだと思ったけど、同時に限界もみえた気がした。

これからどうやって世界との距離をつめていくのか・・・
次期監督の選定は重要です。
この経験を生かせて、さらに次のステップにもっていける人が監督になることを願う。

当然、個の力のアップも重要でしょう。
でも、今回のパラグアイだって、欧州ビッグクラブでバリバリにやっているやつはいないんだぜ。
まあ、それでも日本との個の力は感じたけども・・・

FIFA ワールドカップ2010 決勝トーナメント1回戦 ブラジル vs チリ [その他サッカー]

(FIFA WC2010 決勝T1回戦)
ルイス・ファビアーノ
カカ
ロビーニョD・アウベス
G・シウバ ラミレス
バストスマイコン
ファン ルッシオ
J・セーザル

チリ
(FIFA WC2010 決勝T1回戦)
スアソ
ゴンサレスサンチェス
ボーセジュール
ビダルイスラ
カルモナ
ハラフエンテス
コントレラス
ブラーボ


ブラジル強し!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FIFA ワールドカップ2010 決勝トーナメント1回戦 オランダ vs スロバキア [その他サッカー]

(FIFA WC2010 決勝T1回戦)
ファン・ペルシ
スナイデル
カイトロッベン
デヨング ファン・ボンメル
ファン・ブロンクホルストファン・デルヴィール
マタイセン ハイティンハ
ステケレンブルフ

スロバキア
(FIFA WC2010 決勝T1回戦)
イェンドリシェク ヴィッテク
ストフヴァイス
クチュカ ハムシク
ザバフニクペカリク
ドゥリツァ シュクルテル
ムハ



オランダの実力と手形さで完全に上回った試合でした。
ロッベンの先制点はスロバキアDFの対応の稚拙さとスピード不足をはっきりと露呈させました。

ここまで3得点のヴィッテクもオランダ相手にはなにもさせてもらえず、試合が決したあとのPKによる1得点だけ。

今大会のオランダはいままでにない手堅さがある印象。
ただブラジル相手にどうか・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FIFA ワールドカップ2010 決勝トーナメント1回戦 アルゼンチン vs メキシコ [その他サッカー]

アルゼンチン (FIFA WC2010 決勝T1回戦) のフォーメーション
メキシコ (FIFA WC2010 決勝T1回戦) のフォーメーション
created by TextFormations :M :R


この日の2試合はともにゴールに関わるところでの誤審があり話題となりました。

試合の影響という意味ではこちらの誤審のほうが大きかったでしょう。
メキシコの選手たちがあれだけの抗議をしていたのもわかります。

なにしろテベスのゴールが認められるまで、メキシコはアルゼンチンと互角の戦いをしていました。
あそこで、あれは痛すぎる失点となってしまった。

しかもあんだけラインから出ていたのにオフサイドにならないとは、見逃したとかそんなレベルではない。
好ゲームがひとつ消されたといえる。

マンチェスター・Uへの移籍が決まってるメキシコのハビエル・エルナンデスのゴールは素晴らしいかった。
デミチェリス相手にあれだけのプレーができるならユナイテッドでも、初年度からそこそこの活躍が期待できるかも。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FIFA ワールドカップ2010 決勝トーナメント1回戦 ドイツ vs イングランド [その他サッカー]

ドイツ (FIFA WC2010 決勝T1回戦)
 クローゼ 
 エジル 
ポドルスキミュラー
シュバインシュタイガーケディラ
ボアテンクラーム
フリートリヒメルテザッカー
 ノイアー 

イングランド (FIFA WC2010 決勝T1回戦) のフォーメーション
created by TextFormations :M :R


イングランドのランパードのシュートがゴールと認められなかったのは確かに不運だと思います。
ただそれで同点となっても結果が違っていたとは思えない。

それぐらいイングランドとドイツにチーム力としての差があったと思う。
今大会のイングランドは攻守ともに酷かった。
予選のときとは別のチームになってしまったのか・・・

バリーとヘスキーはそこまで必要な選手だったのか・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FIFA ワールドカップ2010 決勝トーナメント1回戦 アメリカ vs ガーナ [その他サッカー]

4年前のワールドカップでも対戦した両チームが再戦。
正直、4年前はどんな試合だったか以前にどっちが勝ったかも覚えてねぇ~

アメリカ (FIFA WC2010 決勝T1回戦) のフォーメーション
ガーナ (FIFA WC2010 決勝T1回戦) のフォーメーション
created by TextFormations :M :R


ウルグアイVS韓国に続きこちらも先制パンチが決まります。
ボアテンクが奪ったボールを持ち込んで左足を振りぬきゴール!

ガーナはGLから守備はいいけど、前線の攻撃力に課題がある印象だったので、この先制点でかなり試合を有利に運べた。
実際、アメリカに対して速いチェックと厳しい球際の対応で、チャンスらしいチャンスを作らせず。

アメリカは前半からボランチのクラークをエドゥに変えたり、後半開始からフィンドリーをファイルヘイバーにして4-3-3にしたりとなんとか状況の打開を試みる。

すると飛ばしてきたガーナは出足が遅くなり、デンプシーが股抜きからPAに侵入したところを倒してPK献上。
少し前からDFの対応がだいぶ疲労を感じさせるものになっていたので、ついにアメリカのチャレンジが実ったといったとこ。
このPKをドノバンが決めてアメリカは同点に追いつく。

ここからは完全に間延びした中盤同士の戦い。
ロングボールが多くなるも、大したチャンスもなく延長戦へ突入。

すると少し休んだことで元気になったのか後方からきたロングボールをギャンがDFに身体を当てられながらも、倒れることなくふんばり左足でシュート。
これがハワードの頭上を抜けてネットを揺らす。ガーナ勝ち越し

これをガーナが守りきり勝利。
アフリカ大陸での大会なのに、まったく結果が残せないアフリカ勢にあって、唯一決勝トーナメントまで勝ちあがったガーナがベスト8まできました。

エッシェンが怪我で大会に出れなくなり、アッピアとムンタリもフィットしていないからガーナは厳しいかなと思っていたんだけど、頑張ってます。
ただ、次はウルグアイ。ウルグアイのFWをガーナが止めるのは難しいかなと。

アメリカはこのへんが一つの壁になっている印象があるよなぁ。

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。